Reportその他

玉井 香織アラジン・魔人・大魔神〜ランプでなくてポットですが。。

 

アラジン・魔人・大魔神〜ランプでなくてポットですが。。

 

古いもの大大大大だーい好きな私ですが、先日行ったGo GreenMarket

http://go-greenmarket.blogspot.jp/

で見つけてしまいました!雨に打たれていた鈍い黒光りしたポット。

大きさも両手のひらで包み込めるくらいのサイズです。ティーポットにしては小ぶりなのと、注ぎ口に蓋がある。。ミルクポットかな、なんだか魅力てき。

家に帰ってから、じっくり見てると底にシルバーと刻まれている。なるほど、この黒光りはシルバーだからか、、ならばこの色味もいいけれどお手入れもかねて 磨く事にする。

 

20151215_01_img022

 

 

 

アラジン・魔人・大魔神〜ランプでなくてポットですが。。

 

”磨く”ときくとアラジンのランプみたいに ゴシゴシ、キュッキュッと磨くイメージがあるけれど、アンティークということもあり 煮沸消毒もかねた方法にします。

まず、ポットがまるまる入るくらいの鍋に、塩とアルミホイルを入れて沸騰させます。

 

 

アラジン・魔人・大魔神〜ランプでなくてポットですが。。

 

そこにポットを入れて 再び沸騰するまで数分間。

沸騰してから私の場合30分グツグツ火にかけていました。

 

 

アラジン・魔人・大魔神〜ランプでなくてポットですが。。

 

すると、なんという事でしょう!

あの黒ずんでいたポットに輝きが見えてきました。

これは電気分解を利用したお手入れ方法です。

(銀は空気に触れると硫化して黒ずみます。お手入れ方法としては銀食器用のクリームなどもありますが 身近な物で簡単にできるこの方法はおすすめです。)

 

 

アラジン・魔人・大魔神〜ランプでなくてポットですが。。

 

一緒に入れたアルミホイルは黒ずんでポットは ほら!

銀色復活!取手に付いている花もはっきり見えるようになりました。

 

 

20151215_01_img06

 

またまた お気に入りの物が増えました。古い物をみつけては手を入れる。新品にはないこの輝き。

深いです。

さて今夜はひとりまったり、ピカピカのポットでお茶をします。

 

 

 

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • 玉井 香織
  • 玉井 香織
他の人はこんな記事も読んでいます。