その他

*屋上庭園「あの映画の あの暮らしが大好き!!」シリーズ①「The Whales of August」 八月の鯨

 

 

どーも 〔小屋№016号〕ヴィンティージのリカです。

 

 

 

はじまりました!

「あの映画の あの暮らしが大好き!!」

 

 

 

記念すべき第一弾はーーー

 

「The Whales of August」 八月の鯨

 

 

日本公開は1987年のアメリカ映画。

 

 

 

ピンクのバラ

 

 

 

年を重ねた姉と妹が

 

*ハリウッドの往年の名女優

リリアン・ギッシュ(妹役)と

ベティ・デイビス(姉役)が

実際の年齢とは逆転した役回りで演じて

公開当時 話題になりました。

 

 

 

小さいころと同じように

 

夏を過ごす小さな島のサマーハウスで

 

今年も8月に岬の沖合にやってくるだろうか

 

とクジラを待つ小さな暮らしの営みを

 

描いた90分ほど作品です。

 

 

 

 

タイトルについているように

 

8月のお話しですけど

 

そこから漂ってくるのは 

 

夏の終わり 秋の始まりを感じさせる空気。

 

 

 

 

 

おそらく老姉妹がこれまで辿ってきた

 

きらきらした青春の日々

 

ぎらぎらした生活の日々を越え

 

今はその思い出をかかえて

 

おだやかな日々をこれからもふたりで暮らしていく

 

 

(たまには姉妹ケンカという さざ波が立つ日もあるけれど)

 

 

 

 

 

 

その心象風景とともに

 

岬に立つサマーハウスのシャビーシックな佇まいが

 

夏の終わり 秋の始まりを

 

ほんの~り さびしく告げている気がするのです。

 

サマーハウス:小屋ちっくでステキです)

 

 

 

 

 

冒頭

妹役のリリアン・ギッシュが

 

(とても かわらしい姿に

こんなおばあちゃんになりたいな~と思うシーンです)

 

 

赤と白のバラを庭先からつんで 

 

お水をあげるわねって

 

話しかけながらミルク瓶にさして

 

キッチンの窓辺に飾るシーンがあります。

 

 

 

なにげない暮らしの場面のようですが

 

 

あとあと 

 

同じバラを花瓶に挿しなおして食卓に置くシーンでは

 

「白は真実 赤は情熱 情熱と真実こそ人生のすべてだと思うわ」

 

と 話しかけます。

 

 

 

赤いバラ

 

 

 

生活を豊かに暮らすって

 

何を大切に思って生きていくの? 

 

 

 

 

ということかしら?

 

 

サマーハウスの暮らしぶりに

 

いいなぁとため息をつきながら

 

 

ワタシ自身 人生半ば過ぎ これからどう生きる のか

 

いろいろ考えさせられる

 

大好きな映画です。

 

 

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • *屋上庭園
  • *屋上庭園
他の人はこんな記事も読んでいます。