その他

giglet八百屋さんのバックヤードにはときどき宝物が潜んでる

 

いまはほとんど商品は段ボール箱に入っていることが多いのですが 
ときどき 木で作られた箱に入っているものが有ります。
りんご箱に輸入品のアスパラガスの箱、そして果物の箱。

 

八百屋さんやスーパーのバックヤードに商品を出した後の段ボールや空箱を置く場所が有りますよね。
わたしがよく行くお店は駐輪場の横にその場所があって なにげなくいつも段ボールを物色しちゃうのです。
段ボール箱好きなんです。そんなとき 段ボールの箱の間に 木の箱がのぞいていることがまれに有ります。

これ何かに使えないかな……、このロゴマークいい感じなと思うとお店の人についつい声をかけてしまいます。
「あの木箱 もらえますか?」
「捨てちゃうものだからいいよ。」
と言われると買い物のことなど忘れて ホクホクと木箱を抱えて戻ってきてしまいます。

 

そんな風に手に入れたものを紹介します。

 

 

ぶどうが入っていたと思われるこの箱。木はものすごく薄いものなのでバラして使おうと思っています。
この文字が入った部分は以前 作品に使ったこともあります。

 

 

これはアスパラガスが入っていた箱 このままファイルを入れるものにしたりもできそうな風情。
ただ 台形になっているので マガジンラックとかがいいのかな……。
ショーケースみたいなものもできるかな??
このアスパラガスの箱は年に1度はお目にかかることがあります。
前にいただいたものは これより少し小振りでした。大きさもいろいろあるようです。
いろいろな国の箱が並んだ所が見てみたいな。

 

 

 

りんご箱、3年程前お店の前でこの箱に入れてりんごを販売していました。
もちろん 声をかけます。
りんごが売れてなくなったら取っておいてあげるということでりんご箱が空くたびに
おじさんから箱いるかと声をかけてもらえるようになりました。
そして 最終的には10箱ほどもらってしまいました。

ここでもらった箱は 微妙にそこの部分が小さくなっています。
作りも大雑把です。マジックやチョークでなぞの数字が書いてあったりもします。
そこが何ともラフで楽しい。

小さな八百屋さんで 使い古されていい色になっているりんご箱をたくさん並べて商品台にしている
お店がありました。。
そこで見たりんご箱は 底の部分は小さくなっていなかった。

りんご箱の作りにもいろいろあるのでしょうね。

バックヤードで見つけた木箱たち 宝物とタイトルにつけましたけど 本当は原石。
わたしが加工して使ってきっと宝物に変身するんでしょうね。
なにに加工するかはまだ未定です。

でも実を言うとこの箱を見ているだけでもちょっとほっこりするわたしがいたりするのです。

 

 

 

 

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • giglet
  • giglet
他の人はこんな記事も読んでいます。