DIY

大菅 力「プロDIY」探訪34 掃除用具立て

P1600241

ほうきやデッキブラシといった棒状の掃除用具の収納方法は、いろいろとアイデアを掻き立てる対象のようです。掃除用具を効率的に仕舞えて、取り出しやすく、毛先などを傷めないように収納するには工夫が必要になります。

P1600239

ここで紹介するのは、住宅の工事現場で見かけたアイデアです。前述した収納の要件を満たすには、何らかの方法で掃除用具を宙に浮かせる必要があります。そのための手法として、ここでは塩ビパイプの切れ端を用いています。この切れ端をフェンスに固定し、切れ端の輪っかのなかに掃除用具を逆さにして突っ込みます。掃除用具の先端部分が輪っかに引っ掛かるので、宙に浮くかたちになります。

P1600247

フェンスに塩ビパイプを固定しているのはインシュロックという素材で、電気工事で配線を束ねるときなどに用いる安価な資材です。一度固定されると切断するしかないほど強固に結ばれます。

塩ビパイプは水道工事の資材でインシュロックは電材です。つまり、この事例は水道屋と電気屋の合作ともいえる「プロDIY」といえるでしょう。なお、塩ビパイプでは、雰囲気があまりに工業的すぎる場合は、塩ビパイプに塗装を施すとよいでしょう。

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • 大菅 力
  • 大菅 力
他の人はこんな記事も読んでいます。