DIY

大菅 力「プロDIY」探訪38 雨水利用による癒しの水鉢(雨樋とグリーンの素敵な関係)

 

p1600860エルボ管を2つつないで強引に曲げた雨樋がなかなかチャーミング ちょうど水鉢のセンターに水が落ちる

機能的な部材というのは当たり前ですが、殺風景なものです。その殺風景な部材や部材の周辺をちょっといじることで、雰囲気を和ませることができます。

ここで紹介するのもそうしたものの1つです。機能的ではありますが、どう扱っても殺風景になってしまいますが、塩ビ製の雨樋の周辺に手を入れて、雰囲気を整える演出をしています。

p1600864よく見ると雨樋を止める金物の「でんでん」が水鉢の横に。以前はここを樋が通っていたのだろう

 

やってることは単純で、雨樋から排出される雨水を水鉢などの容器に貯めているだけです。そのための仕掛けも非常にシンブルなのですが、ポイントはグリーンです。水鉢に植物が添えられるとぐっと雰囲気がよくなります。

この事例では水鉢でホテイアオイを育てています。緑も目にやさしいですが、花が咲くとさらに華やかさが増すでしょう。

p1600862ホテイアオイが青々としていてなかなかきれい。水鉢のなかに魚はいない模様

水鉢にメダカや金魚を飼ってミニビオトープ化するという方法もありますが、少しハードルが上がります。地域性によるものか屋根材の材質によるものか不明ですが、雨水でメダカや金魚を飼おうとして、短期間に死んでしまった事例をいくつか聞いたことがあります。

いずれにしても、雨樋と水鉢とグリーンというのはなかなか相性がよい組み合わせといえるでしょう。

 

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • 大菅 力
  • 大菅 力
他の人はこんな記事も読んでいます。