Report

若菜赤い椅子プロジェクト〜椅子でつなぐ吉祥寺〜

6月25日(土)東京武蔵野市吉祥寺のアトレ吉祥寺ゆらぎの広場にて【塗装ワークショップinアトレ吉祥寺】が開催されました。
【赤い椅子プロジェクト】とは、「椅子」を通じて、人と人、人と吉祥寺を繋いでいく街づくりの活動なんだって。集まった「椅子」はそれぞれ大事に使われてきた思い出が詰まっていました。子供の成長を見守ってきた椅子や、夫婦の歴史を刻んできた椅子など、どの椅子にも物語がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤い色にしたのは、「赤い糸」のように人と人を結びつける色だからです。町の中でも見つけやすい色なので赤い色にしたんですよとプロジェクトの代表者加藤さんがお話ししてくださいました。

ワークショップで使用した塗料はドイツ生まれの自然塗料オスモ&エーデルの
ウッドワックスオパーク「日本の色」赤色です。
この塗料の特徴は、自然の植物油と植物ワックスをベースにしているので安心安全で子供向けのおもちゃなどにも使用されているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさんの機能や色があるオスモ&エーデルさんの塗料のご案内ページはこちらから
http://www.osmo-edel.jp/
塗料は安心できるものを選びたいですよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

刷毛にペンキをつけて、小さなお子さんも一緒に椅子を塗りました。衣類についた塗料は落ちないけれど、体についた塗料は石鹸で洗い流すことができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
みんなでワイワイ楽しく色塗りした「赤い椅子」が吉祥寺のあちこちに置かれて
憩いの場所になるんですね。
是非みなさんも吉祥寺にお出かけの時、街で赤い椅子をみかけたら「赤い椅子の物語」に触れてみてくださいね。

赤い椅子プロジェクトのブログ
http://akaiisu.blogspot.jp/

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • 若菜
  • 若菜
他の人はこんな記事も読んでいます。