DIY

大菅 力「プロDIY」探訪37 換気ダクトを再利用したインダストリアルなベンチ

p1610286
金属の筒に木製の脚を付けたベンチ。この筒の正体は?

スツールやベンチというのもDIYの対象になりやすいところです。基本的にボディは「箱」や「筒」の延長でつくれるので、座り心地などに高いクオリティを求めなければ、素人でもなんとかなってしまいます。それが、取り組み事例が豊富な理由でしょう。

問題はアイデアです。誰にでもつくれるものだけに、はっとするアイデアが盛り込まれていないと、スツールやベンチは簡素なだけで面白いものにはなりません。

 

 

p1610288
このスツールのボディは換気ダクト。リノベーションの解体の際に出てきたものを再利用

 

スツールやベンチに関する最も強力なアイデアは、「箱」や「筒」のもととなる素材に関するものです。よい素材が得られれば、比較的簡単に個性的な作品をものにすることができます。

ここで紹介するベンチもその1つ。脚が木なのはすぐに分かりますが、肝心の「筒」のところには何が使われているのでしょうか。

p1610290もともと付いていた金具に木の枠を回して脚を付けている

ここで使われているのは、換気用のダクト。普段は天井裏を縦横無尽に走っています。解体のときに出てきたものを切断して、木の枠を回して、そこに木の脚を付けたのがこれです。

見た目は「超インダストリアル」ですが、思ったよりダクトの強度もあって、たわみ具合もほどよいので座り心地も悪くない。実用面でもなかなかよいベンチでした。

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • 大菅 力
  • 大菅 力
他の人はこんな記事も読んでいます。