DIY

gigletこんなものを作った:いろいろな素材の画鋲

 

20160710_giglet_top

 

自分の作品を留めるのに必要になって作ったのが始まり。

最初に作ったのが 海で拾ったシーグラスを使ったもの。
残念ながら作品には似合いませんでした。

20160710_giglet_02

 

そこで くるみボタンで作ることにした。
これが 意外にかわいくって いい気になっていろいろ作りました。
それを今回紹介しますね。

20160710_giglet_06

 

20160710_giglet_05

ちょっと大きめのくるみボタン金具で 無地の布にスタンプしたもの。

20160710_giglet_04

ただ最初に作ったのは 通常の画鋲を貼ったため くるみボタンの後側がちょっと凹んでいるので 針の長さが短くなってしまって上手に留めることができなかったのです。
しっかり留らずちょっと振動でポロリと画鋲が落ちてしまう。
ホームセンターで 針の部分が長いものが売っているのを見つけたのででそれを使うことによって問題解決。

20160710_giglet_03

長い針をつけたもの。画鋲のパッケージには「足長画鋲」と書いてあります。
よく見かける画鋲の足の長さは 8mm位。 長い方は 11mm あります。
貼付けるときは金属用の接着剤を使用。

20160710_giglet_01

 

これは小さなタイルに アルファベットのシールを貼ったもの。

20160710_giglet_07

こちらは 最近作った 流木とおはじきみたいなガラスのもの。ガラスの方はそのままだと画鋲の頭が透けるだけでつまらないので 雑誌の切り抜きを裏側に貼ってから画鋲を取り付けました。
レンズ効果で 貼った文字が大きく見えるのが面白かったです。
流木は裏側が平らになるように ちょっとカッターで削ります。
ボタンも面白いのですが ボタンって微妙に裏側が丸くなっているので ヤスリなどで平らにしないといけないので
ちょっと保留中です。

画鋲として紹介しましたが 画鋲を磁石に替えても楽しいですよね。
いろいろ試してみてくださいね。

 

giglet:みちでした。

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • giglet
  • giglet
他の人はこんな記事も読んでいます。