その他

*屋上庭園「あの映画の あの暮らしが大好き!!」シリーズ③「KITCHEN STORIES」 キッチン・ストーリー

 

どーも〔小屋№016号〕ヴィンテージのリカです。

「あの映画の あの暮らしが大好き!!」

第三弾はーーー

 

「KITCHEN STORIES」 キッチン・ストーリー

2003年のノルウェー・スウェーデン合作映画。 

 

今回のおすすめは、叔父さんと叔父さんの話。

ちっちゃなトレーラーハウスも出てきます。

 

1950年代の北欧ノルウェーの冬のお話し。

オープニング、

左通行のスウェーデンから

一台、一台、家庭研究所の専用トレーラーハウスを

うしろにちょこんとひきつれた車が、国境を越え

右側通行のノルウェーに車線変更して

一台、また一台とお行儀よく入ってきます。

その律義に通過する姿に、微笑まずにはいられません。

国民性をあらわしているのかしら。

 

日本からすると北欧とひとくくりにされがちですが

スウェーデンとノルウェーは、

なんだか違う面も持っているんだぞって、

教えてくれる場面です。

 

 

「あの映画の あの暮らしが大好き!!」シリーズ③「KITCHEN STORIES」 キッチン・ストーリー

ちっちゃなトレーラーハウスが可愛かったので鍋つかみを作ってみました。^^

 

ノルウェーの叔父さんイザックのところに、

独身男性の家庭(キッチン)での動きを

調査しにきたスウェーデンの叔父さんフォルケ。

家庭研究所のルールで、

一切、しゃべってはいけない規則になっています。

毎日ひたすらキッチンの片隅で

脚立の上にイスがついたものに腰掛けて

(まるでテニスの審判席みたい)

上からイザックがキッチンでどう動くのか

動線の調査をします。

 

とはいえ、やはり人ですもの、

そのうちに、ちょっとずつ話をすることで

家庭研究所のルールをやぶって、

お誕生日のお祝いをトレーラーハウスでしたりして、

叔父さんふたりの交流が徐々に始まっていきます。

 

 

「あの映画の あの暮らしが大好き!!」シリーズ③「KITCHEN STORIES」 キッチン・ストーリー

 

ノルウェーの叔父さんイザックのキッチンは

北欧らしいというのか、色味をおさえた内装です。

モスグリーンに塗られた板壁、大きな板テーブル

背もたれがアールの座り心地の良さそうなイス。

アルミケトルにコショウ入れなどのキッチン用品。

スウェーデンの調査員フォルケのトレーラーも、

一人用にコンパクトにおさまった棚・ソファとか

素敵なしつらいになっているのも興味深い。

 

叔父さんと叔父さんが、

じっくりゆっくり友だちになっていくように、

のんびり気負わないスローな暮らしの風景を、

あちらこちらに、垣間見ることができます。

 

 

「あの映画の あの暮らしが大好き!!」シリーズ③「KITCHEN STORIES」 キッチン・ストーリー

 

さてさて、キッチン・ストーリーのお話しは

終盤になるとクリスマスシーズンを迎えます。

このまま二人の友情は続いていけるのでしょうか?

ぜひ、この時期に大事な方とみてほしいなぁと思う映画です。

 

 

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • *屋上庭園
  • *屋上庭園
他の人はこんな記事も読んでいます。