DIY

大菅 力「プロDIY」探訪25 紙を巻き付けたスタンドライト

DSCN7978

インテリアエレメントのなかで、DIYの対象となりやすいものの1つがランプシェード。基本的に筒型の部材をつくれば、機能的には成り立つので、いろいろなアイデアを試しやすいのが特徴です。特に既製品を加工して転用した事例は世の中に山のようにあり、面白い事例もたくさんあります。

その一方で、プレーンな素材を加工して筒型にするのは意外と手が掛かり、また素人が扱える材料だと、加工の手法も限定されます。今回紹介するものは、そうしたプレーンの材料を用いたランプシェードで最も簡易的なものです。

DSCN7950

用途はベッドサイドのスタンドライト。スタンド自体は中古のものを安価に探し出してきたそうだす。そして、肝心のランプシェードはなんと紙。それを筒状に丸めてテープで止めているだけ。恐らく制作時間は5分程度だろう。非常に簡易なDIYです。

DSCN7983

このDIY事例のポイントは、LED電球を用いること。可燃物である紙のシェードの場合、熱を発する白熱電球より、熱を発しないLED電球のほうより適しています。お店などで火災対策として念には念を入れるなら、防燃紙を用いるのも手です。これは水酸化アルミを含浸させたもので、ライターを近づけても火が付きません。お店でこの手の手づくりシェードを用いる場合には、そうした紙を使うほうがよいかもしれません。

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • 大菅 力
  • 大菅 力
他の人はこんな記事も読んでいます。