DIY

大菅 力「プロDIY」探訪⑰木製のはしご

 

「プロDIY」探訪⑰木製のはしご

内装工事に用いられていた手づくりのはしご。ラフでタフでいい感じ

 

インテリアアイテムとしてここのところ人気なのが梯子です。「ラダー」と表記されることもよくあります。インテリア雑誌では、本来の使い方ではなく、踏み桟(足を乗せるところ)を棚のように用いる事例をよく見ます。
 
そんな使い方をしたいときにも参考になりそうな、梯子の「プロDIY」の事例を見付けたので紹介します。

 

「プロDIY」探訪⑰木製のはしご

支柱に踏み桟を釘で打ち付けただけのラフなつくり。足元はゴムを貼っている

 

写真を見ての通り、手づくりの作業はしごです。内装屋さんが使っていました。支柱に用いているのは30✕40㎜、踏み桟は1×4(ワンバイフォー)の材みたいです。この寸法でなければダメということではなく、安くて手近にあったので選ばれたのだと思います

 

「プロDIY」探訪⑰木製のはしご

ちょっといいつくりのものは金物で踏み桟を固定している

 

基本は釘留めだけで構成されていて、非常にラフなつくりですが、木の質感がよい雰囲気を醸し出していて、悪くないです。演出用としてつくるのであれば、塗装を施すのもよいでしょう。
 
高所作業ではしごが必要な方やインテリアエレメントとして梯子を用いたい方は、手づくりでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • 大菅 力
  • 大菅 力
他の人はこんな記事も読んでいます。