DIYReport小屋

a piece of dream*小屋コンテストから「ぱたぱた愛ショップ」が東京へ。素敵な小屋が建ったよ。

 

大好評だった「第1回女子が作った小屋コンテスト」には楽しい続きがありました。
Facebook賞を受賞した「ぱたぱた愛ショップ(cozy)」が「ドイト ウィズ リ・フォーム大森山王店」に建てられることになったのです。
 
20160517-cozy-img01-1-895x627

しかも、東京バージョン!
早速、お邪魔してきました。
 
***
 
「ドイト ウィズ リ・フォーム大森山王店」に伺うと、オープンにむけてワサワサ作業する人が行き交う中、まだペンキの塗られていない小屋がドーンとありました。
(H28年6月30日オープンしました)
 
うわっ小屋だー。
思わず テンションがあがります。
 
触るとまだ ザラザラ・・・このカンジ!
ワクワクするー。
 
「ぱたぱた愛ショップ」は簡単に移動・設置・アレンジのできる小屋ですが、
ここではしっかりした作りでレジになります。
 
大工さんが骨組を作ってくれているので、今日は「ペンキ塗り」から!
いやいや、「やすりがけ」から。
 
a_piece_of_dream0703-1
 
木材の角のザラザラをとっていくのが 店舗にとってはとっても重要。
やすりがけは、「思いやりだな」と思います。
 
オープニングスタッフのパートさん、DIYはじめての人も興味津々で。
はじめは恐る恐る、、でも段々 笑顔が多くなって。
作業が ドンドン 進んでいきます。
 
マスキングテープやマスカ―(マスキングテープと養生シートがついているもの)を貼って。
ドンドン塗っていきます。
 
a_piece_of_dream0703-2

 
高い踏台もなんのその。
みんな 頼もしい!

  
a_piece_of_dream0703-4 
中でも、助っ人ドイト ウィズ リ・ホーム新宿下落合店の飯島さんの頼もしいこと。
ガンガン木材を切って。
ドリドリ。
早い、早い!
(しかも、とっても楽しそう!←ずっと 笑ってる)
 a_piece_of_dream0703-2

 
他のスタッフさんたちは、ペンキぬり。

 a_piece_of_dream0703-6 

途中、この「ぱたぱた愛ショップ」をデザインした渡辺さんは 黒板づくりへ。
 
 
a_piece_of_dream0703-7
 

まず、板にステインを塗って。

 IMG_1919-241

 
それから、黒板塗料を。
 
ハケがない! と、思ったら 布を丸めて。
あるもので、できちゃうのが DIYのいいところ!
全部塗らないのが、素敵でしょ。
 
これが、レジにおかれる「メニュー板」になります!
 
高いところ、ぬりにくいところでは
秘密兵器登場!

 
a_piece_of_dream0703-9
 

 スポンジハケ!ベンダーっていうのかな?
 
これ、便利!
ハケみたいに使えるし、隙間に大活躍でした!
 
みんなで どんどん仕上げて。
 
一日目、ここまでできました。

a_piece_of_dream0703-94
 
a_piece_of_dream0703-
 

小屋コンテストから始まった小屋作りが。
今度は ドイトさんにつながって。
 
もともと、得意な専門的なスタッフさんだけでなく、
はじめてのスタッフさんにもワクワクが 伝染して。
小屋ができていく様子が、とっても楽しかったです。
 
ここを訪れるお客様にも
ワクワクや作ってみたい!気持ちが
モクモク広がっていったら。素敵だなと思いました。
 

***
 

ペンキぬりの合間に
小屋をデザインしたコージーホームの渡辺さんに 小屋コンテストについて聞いてみました。
 

――小屋コンテストに出そうと思ったきっかけは?

机の上にあったんです。
会社で(新聞が)まわってくるので・・それを見て、社長に「出したい」って
いいにいったんです。
そうしたら、いいっていってくれて。

ちょうど「野外イベント」に出ることになっていたので、持ち運びのできる小屋を
作りました。

まわりのスタッフも手伝ってくれて。
コンテストに出すからにはって! ドンドン盛り上がって。
みんなで協力して作りました。

あの写真(応募写真)会社の裏なんですよ。
 

――看板もかわいいですよね。

会社に雑貨屋さんも併設しているんですけど、今はそこで使っています。
看板を見て入ってきてくださるお客様もいるんです。
 

――Facebook賞を受賞してどうでした?

発表は、会社で見ました。
パソコンの前にすわってスタッフと、「いくよ」ってスクロールして受賞発表を見ました。
ハートマークの投票数が賞に結びつくって知らなかったので、とても驚いて。
スタッフみんなで喜びました!

話しながら、
渡辺さんが思い描いたものを、みんなが手伝ってくれて。
一緒にワクワク・・・作り上げていく様子を感じました。

コージーホームさんは長野の工務店さんで長野の風土にあった家づくり、
住む人・環境に優しい家を地元の職人集団と作られていますが

日々お客様のための提案ができるようにと、
渡辺さんは たくさん勉強されていて、
可愛らしい風貌の中に、熱い想いも感じました。

そんな渡辺さんデザインの小屋、
団結力のある楽しいスタッフいっぱいのドイトさんへ
是非、出かけてしてみてくださいね。
 

a_piece_of_dream0704

(完成画像撮影:コージーホーム渡辺さん)

「ドイト ウィズ リ・フォーム大森山王店」
〒143-0023 東京都大田区山王3-6-3
JR「大森駅」から徒歩10分
03-3773-1804 / 03-3773-1806
10:00~21:00

「ぱたぱた愛ショップ」
http://coyajoshi.com/work/5075/

「コージーホーム 株式会社」
〒384-0808 長野県小諸市御影新田2299-2
TEL.0267-41-0120 FAX.0267-25-3136

http://cozyhome-ie.com/

 

 

 

 

 

 

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • a piece of dream*
  • a piece of dream*
他の人はこんな記事も読んでいます。