DIYReport

岩渕裕子息子と一緒にモノづくりにチャレンジ「ミツロウでつくる香りのワックスバー」

 

昨年のお話。

息子と一緒に、「ミツロウでつくる香りのワックスバー」ワークショップに参加してきました♪

 

ミツロウとは・・・
ミツバチの巣から蜂蜜をとった後に残るものに、お湯で煮溶かしたりして採取される「ロウ(ワックス)」のこと。
石油系原料にはない温かみと人体への安全性からその価値が見直されています。

 

まずは、ミツロウを溶かしていきます。

 

息子と一緒にモノづくりにチャレンジ「ミツロウでつくる香りのワックスバー」

 

シリコンの型に、溶けたミツロウを流し込みます!

 

息子と一緒にモノづくりにチャレンジ「ミツロウでつくる香りのワックスバー」

 

少し白く固まってきたら、好みのアロマを混ぜ、やんばるで採れた木の実で飾りつけ!

やんばる(沖縄本島北部の、山や森林など自然が多く残っている地域 )
 
これまた楽しい!!笑

息子も何をおこうか~どうやっておこうか~と楽しんでいましたよ♪

 

息子と一緒にモノづくりにチャレンジ「ミツロウでつくる香りのワックスバー」

 

ミツロウ甘~い香りと、アロマの香りがマッチして、最高に癒されました♪
 
固まるのをまちます・・・

 

息子と一緒にモノづくりにチャレンジ「ミツロウでつくる香りのワックスバー」

 

型から外すとこんな感じになりました☆

 

息子と一緒にモノづくりにチャレンジ「ミツロウでつくる香りのワックスバー」

 

あら!かわいい!!

つくったワックスバーは、火を灯さずに使うことのできる板状のアロマキャンドルのことです。

置くだけで、とってもいい香りがします♪
 
お部屋にインテリヤとして飾ったり、玄関先や、クローゼットの中に置いて衣類に香りを移したりして楽しめますよ☆

他の、みなさんの作品たちです!

 

息子と一緒にモノづくりにチャレンジ「ミツロウでつくる香りのワックスバー」A

 

一つ一つ素敵なミツロウ香るワックスバーが出来上がりました~!

沖縄ガールズビレッジ「はたけかふぇ。」でも、蜂さんたちを飼い始めたので、春先には、ハチミツを採取したあと残る巣でミツロウを子供たちとつくってみようと思います☆”

また、楽しみがふえました~!

 

息子と一緒にモノづくりにチャレンジ「ミツロウでつくる香りのワックスバー」

 

 

 

 

 

 

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • 岩渕裕子
  • 岩渕裕子
他の人はこんな記事も読んでいます。