その他

*編集部【今月のこやともPeople】SuMiKa 佐藤さんインタビュー(後編)

sato_san_kohen1

 

「好きに暮らそう」をテーマに家づくりや住まい方に関する情報を提供するSuMiKaで、事業開発担当を務める取締役の佐藤純一さんへのインタビュー、今回は後編デス。娘さんに小屋つくってあげたという佐藤さんに、小屋の可能性について聞いてみたよ!

 

 ◇ ◇ ◇

 

――娘さんにプレゼントした小屋は、すべて手作りですか?

 

佐藤さん:そうです。作業も1日くらい。まあ簡単なつくりですから(笑)。でも何かをつくるのは好きで、ちゃんと図面を引いてつくりましたよ。

 

――図面まで! 材料はどこで仕入れたんですか?

 

佐藤さん:ホームセンターで買ってきました。費用は1万円弱くらいですね。好きなんですよ、ホームセンター。行くだけでも楽しい(笑)。

 

――いつまでだっていられますよね(笑)。

 

佐藤さん:それに、小屋のときもそうでしたが、つくるものを思い付いたときからもう楽しくなっちゃうんですよ。「あれつくってみよう」と思ったときからワクワクしてしまいます。

 

佐藤さんがつくった小屋。素材はホームセンターで買ってきたそうです。            前編でも紹介した佐藤さん作の小屋。娘さんも大喜びだとか。

 

――部屋の改修だ!というのは意気込みがちょっと要りますが、小屋だともっと気軽にできるのが良いですよね。

 

佐藤さん:あと、最近考えていることなんですけど、子供に小屋をつくってあげるのって、情操教育にもなると思っているんです。

 

――情操教育ですか。

 

佐藤さん:ええ。今回、僕がつくった小屋は「色を塗るのも落書きも自由だよ」ってあげたものだって話しましたけど、そういうのは子供の想像力を育てると思うんですよね。やっぱり、想像力のたくましい子に育ってほしいじゃないですか。

 

――なるほど。それもお父さんがつくってくれたものなら、家族の絆もきっと感じて育ってくれますよね。

 

佐藤さん:あるいはもっと実践的な利用もできると思っていて、たとえば1.5畳くらいのスペースとして小屋をつくって「そこだけはかならず片付けをする」って子供と約束するのもいいと思うんです。いきなり部屋全部は無理でも、小さく区切ってあげれば片付けるようになりますよ。

 

sato_san2

小屋は「暮らしを楽しくするツール」と語る佐藤さん

 

――小屋の可能性っていろいろとありそうですね。

 

佐藤さん:ビジネスの話になっちゃいますが、今月4日と5日に京橋で「オフィスの中の小屋展」というイベントを開きました。これからも、いろいろと小屋をつかってやれることを考えていきたいと思います。

 

こやとも編集部 酒井

(おわり)

 

 

 

【今月のこやともPeople】SuMiKa 佐藤さんインタビュー(前編)

 

 

『 デザイン養生テープ誕生! 全20柄、好評発売中。

養生テープの「水に強くて丈夫・手でまっすぐ切れる・貼って剥がせる弱粘着」の機能に「使い方の多様性とデザイン性」をあわせもった
“おしゃれな養生テープ”「YOJO TAPE」ができました。
水回りや屋外でのDIYはもちろん、日常の色々をおしゃれに変身させてくれます。

【サイズ】45mm×5m
【材質】基材:PEクロス/接着剤:アクリル系 日本製

writer

  • *編集部
  • *編集部
他の人はこんな記事も読んでいます。