DIYReport

Satominセルフリノベーション♪⑥アメリカンスイッチと浴室の設置♪

 

暖かくなってきました♪

野球シーズンが始まり、DIYでは塗料が乾くのも早いし、ミシンで制作していても寒くないし♪

ますます毎日が楽しいSatominです。

 

野球で泥んこになる息子二人と主人、それを応援する私、

泥んこ家族の我が家にとって、浴室は大事な場所の一つです。

 

今日はそんな浴室と念願のアメリカンスイッチの設置をご紹介します♪ 

 

20160428-satomin-img01

写真中央壁側にトイレと小さなキッチンがありました。 柱や壁を抜いたので、補強の木材などを追加しました。

 

写真左側は前回ご紹介したパントリー部分、真ん中がキッチンになる部分、そして右側の奥の部屋が洗面所と浴室になるところです。

 

リノベの際に浴室に必ず欲しかったのが、「窓」「引き戸のドア」。

そして浴室と洗濯機を含む洗面所は、キッチンの横に設置したい!

今まで家事の動線が離れていてとても効率が悪い気がしていたので、これが構造的に叶った時は本当に嬉しかった!

 

床材をはがし、補強用の木材を追加。

ユニットバスはとても重く、更に湯船にお湯を入れて人が入ると、総重量は350kgから400kgになるそうです。

建物のどの場所にも浴室を設置できるわけではないので、専門家にしっかりと相談して然るべき工事をしてもらいました。

ユニットバスのミニチュア♪Lixilさんのショールームにて。

 

浴槽の形、色、床の色、壁の色、棚、などなど何百通りもある組み合わせを、ミニチュアを使ってよりリアルに想像でき、イメージしやすいシステムになっていました。

私の希望は、とにかくシンプルに、清潔感のある掃除のしやすい浴室。

Lixilさんのショールームではコーディネーターさんがとても素敵な方で、色々相談に乗ってくださいました。(Iさん、ありがとうございました!)

 

20160428-satomin-img04

浴槽の種類もこんなに!

 

ミニチュアの浴槽がいっぱい!

ちっちゃいもの好きにはたまらない光景(笑)

 

20160428-satomin-img05

ユニットバスを設置。

 

ピッタリおさまりました!

これで念願の浴室に窓、そして入り口は引き戸♪

洗面所になる場所は天井を付けるので、縦壁を作って囲います。

 

20160428-satomin-img06

 

洗面所スペースが完成!

 

20160428-satomin-img07

ビリビリーっと豪快に養生をはがそう!

 

養生を剥がすのは子供たちの大好きなお仕事です。

養生の下のきれいな部分を見て、わー♪って喜ぶ子供たちの姿を見ると、疲れも吹っ飛び、私も嬉しくなります(*^^*)

 

20160428-satomin-img08

 

ミニチュアでイメージした通りの浴室ができました!

わーい!

(浴室はLixilのSPAGEです。)

 

20160428-satomin-img09

 

洗面所と同時進行で、天井の白く塗る部分もほぼ終りました。

段々形になってきた~♪

 

20160428-satomin-img10

 

リノベするなら、スイッチも変えたい!

という私の希望を電気屋さんに伝えて、設置してもらいました。

このパチッパチッと上下させる音と手の感触が好きで♪

部屋中のスイッチを変えたかったけれど、予算的に…。なので、目にとまる場所にピンポイントで設置。

この4連スイッチは浴室とキッチンを区切る縦壁に付け、我が家の中で一番のお気に入りのスイッチ風景です。

 

さぁ次はいよいよキッチンの設置です。

大きなアイランドキッチン、とっても重くて設置は大変でしたが、選んで大正解の素敵な仕上がりになりました。

おたのしみに!!

 

『 デザイン養生テープ誕生! 全20柄、好評発売中。

養生テープの「水に強くて丈夫・手でまっすぐ切れる・貼って剥がせる弱粘着」の機能に「使い方の多様性とデザイン性」をあわせもった
“おしゃれな養生テープ”「YOJO TAPE」ができました。
水回りや屋外でのDIYはもちろん、日常の色々をおしゃれに変身させてくれます。

【サイズ】45mm×5m
【材質】基材:PEクロス/接着剤:アクリル系 日本製

writer

  • Satomin
  • Satomin
他の人はこんな記事も読んでいます。