How to

結乃 こころキッチンミトンが応援グッズ♪~100円ショップのキッチンミトン~

こやとも新聞2016年6月号

こやとも新聞2016年6月号ー2

母の日に嬉しいプレゼントがありました。息子からのカード&キッチンミトンです。

キッチンミトンはダイソーで購入してくれた物。シンガポールのダイソーは2ドル均一ショップ。息子の小遣いは2ドル。自分の小遣いを使ってくれたプレゼント・・大切にします。

こやとも新聞2016年6月号-1

カードには「毎日お料理をしてくれてありがとう」という嬉しいメッセージと、山盛りご飯の絵がありました。お米を一粒ずつ描いた息子らしいカードでした。

このプレゼントをもらった母は「もっともっと美味しいご飯を作ってあげたい!」と思いました。そして、毎朝のお弁当、朝食、夕食・・「面倒くさい」とぼやいていた自分を反省しました。

こやとも新聞2016年6月号ー3

今よりももっと料理が楽しくなるように♪ そして、プレゼントをくれた息子の気持ちをいつでも思い出せるように♪プレゼントのキッチンミトンに息子の似顔絵を刺繍しました。キッチンで楽しく頑張ることを続けられるように自分への応援グッズです♪

息子はきまって夕方になると「今日の夜ご飯は何?」とキッチンに顔を出します。「お腹がすいた」というセリフの代わりに手にはお箸を持っています。いつも扉の向こうから顔を斜めに「ちょこん」と出します。そんな息子の様子を刺繍にしました。

こやとも新聞2016年6月号ー4

使用した糸は一般的な刺繍糸25番です。バックステッチで息子の顔を。チェーンステッチで葉を刺繍しました。

こやとも新聞2016年6月号ー5

2色の緑の糸を一本の刺繍針に通し、糸をよじりながら縫いました。

こやとも新聞2016年6月号ー6

刺繍が出来たら刺繍がミトンのどの位置に来るかを確認しながらミトンと布をとめます。

今回は安全フック付き安全ピンで布をとめました。ミトンを表裏に動かして作業をしたので、待ち針ではなく安全で、布がずれずにとまる安全ピンを使いました。

チャコペンシルで出来上がりラインを引き、その外側に縫い代を残して、ラインの外側を裁ちばさみで切ります。

こやとも新聞2016年6月号ー7

布の端を折り返し、アイロンで跡をつけたら、かがり縫いで縫い合わせます。

こやとも新聞2016年6月号ー8

そろそろいつもの時間です。「お腹がすいたー!今日の夕ご飯は何?」と、キッチンに「ちょこん」と顔を出す頃です。今夜もご飯を沢山食べてくれると嬉しいな♪

こやとも新聞2016年6月号

結乃 こころ

 

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • 結乃 こころ
  • 結乃 こころ
他の人はこんな記事も読んでいます。