DIY

じゅん窓を有効活用しようっ!窓枠前編!ノミの使い方動画もみてねー。

 

はじめまして〜♪

「男なのにナチュラルインテリア!?」のじゅんです。

 

小屋女子DIYカフェのライターさんの仲間入りができて

この上なく嬉しさいっぱいですっ!

どうぞよろしくお願いしますっ!

 

ということで、

初投稿は、『窓を有効活用しようっ!窓枠前編!』を。

 

窓ってお部屋のかなりの部分を占めているスペースなのに

活用しない手はないですよねっ。

 

 

まずはどんな風にD.I.Y.しようか色々考えまして。。。

 

20160613-jun-img16

 

こんな感じで窓枠を作って

腰板や扉も作ろうってイメージしました♪

普段はこんなちゃんとイラストを描きませんからねっ。

なんとなく頭の中でイメージして、なんとなく紙に描いてみる程度です。

 

僕の部屋は賃貸。なので、ところ構わず釘やビスを打ち込むことが出来ないので

まずは、この窓枠を作る為の囲いを組み上げて。。。

 

20160613-jun-img17

 

囲いに使った木材はSPF材です。

 

掃き出し窓ぴったりに囲いを組んでハメ込みます。

ぴったりにハメ込むことで囲いが外れないようになります。

 

もし小さめに出来上がってしまったら

ホームセンターで売っている隙間風の防止などに使われている

角バッカーという緩衝材(30円くらい〜)が様々な厚みがあるのでオススメです。

角バッカーを使ってしっかりと囲いをハメ込んでください。

 

この囲いを作ることで、直接ビス打ちや釘を打つことができるようになるのです。

 

そしていよいよ窓枠作り♪

窓枠の枠には、赤松の垂木20✕30を使いました。

色んな物をD.I.Y.する際に、枠組み(土台)作りに

僕はこの赤松の垂木を使ってます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

窓枠の格子。交差する部分はノミを使って交差させています。

後で出てくる蝶番もノミを使っていますが、

使ってみるととても便利で思ったり簡単なので、

是非D.I.Y.に取り入れてみてくださいね♪

 

 

左側の窓枠完成です♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回は「窓を有効活用しようっ!窓枠前編!」でした。

次回後編は、右側の扉作りとペンキ塗り、そして完成まで。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたっ♪

 

「男なのにナチュラルインテリア!?」の

じゅんでしたっ♪

 

『 DIY+GREEN もっとおうちを好きになる

著者 : つるじょ+みどりの雑貨屋
出版社 : 新建新聞社
価格 : 1200円+税

writer

  • じゅん
  • じゅん
他の人はこんな記事も読んでいます。